2回目の24時間耐久レース ~準備 その3~

エビスサーキットで行われる24時間耐久レースの一週間前、私達が乗るGTI-Rはまだエンジンに火が入っていない状態でした。




しかし、親方が連日仕事上がりの後に、夜な夜な作業を行ってくれていたお陰で走り出せる寸前まで07年使用のGTI-Rは出来上がっていました。






d0120237_2372320.jpg




06仕様で真紅のボディは上半分がシャシーブラックに染まり、どこか”風格”が漂っています。
そして後部に移植したラヂエーター用の吸気口がドアのすぐ後ろに穿たれています。





d0120237_2324978.jpg





リヤハッチには後部に移植したラヂエーター用の排気口が大きく開けられています。





d0120237_23311834.jpg





リヤハッチを開けるとラヂエーターが鎮座しています。
これでエンジンルーム内に残っていた重量物が後ろに置かれ、GTI-Rの欠点である前後バランスの悪さがかなり改善されます。






d0120237_23351491.jpg





本来リヤシートのある場所はラヂエーター用の吸気ダクト。
また、画像には写っていませんがバッテリーもエンジンルームから車内中央へと移植されています。






d0120237_2339186.jpg





助手席の足元はエンジンルームへと繫がれ、後部移植したラヂエーターへと延びるパイプが走っています。





d0120237_23454446.jpg




もちろん火傷等の怪我防止の為にパイプにはパッドを巻きます。
また、ドライバーへの熱対策でボンネットに吸気ダクトを設け、ラヂエーターパイプと同じトンネルからドライバーへ風が当たる様に工夫されています。






d0120237_23495013.jpg






軽量化されたドアの内側にはプラ板が貼り付けられ、分かりにくいのですが気持ちばかりのピンが内側からドアを開けられるように設けられています。






d0120237_23555469.jpg






バンパーが取り付けられる前のフロント部。
かなりスッキリしています。





こうして07仕様に新しく生まれ変わったGTI-R。
だが本番一週間前でようやく車両が仕上がった状態。






つまり、




今年の24時間耐久レースでにはテスト走行はおろか、足回りのセッティング等もままならない状態で挑まなければならなくなったのです。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-23 00:19 | 準備

<< 2007年 24時間耐久レース... 2回目の24時間耐久レース ~... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE