<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

2回目の24時間耐久レース ~準備 その3~

エビスサーキットで行われる24時間耐久レースの一週間前、私達が乗るGTI-Rはまだエンジンに火が入っていない状態でした。




しかし、親方が連日仕事上がりの後に、夜な夜な作業を行ってくれていたお陰で走り出せる寸前まで07年使用のGTI-Rは出来上がっていました。






d0120237_2372320.jpg




06仕様で真紅のボディは上半分がシャシーブラックに染まり、どこか”風格”が漂っています。
そして後部に移植したラヂエーター用の吸気口がドアのすぐ後ろに穿たれています。





d0120237_2324978.jpg





リヤハッチには後部に移植したラヂエーター用の排気口が大きく開けられています。





d0120237_23311834.jpg





リヤハッチを開けるとラヂエーターが鎮座しています。
これでエンジンルーム内に残っていた重量物が後ろに置かれ、GTI-Rの欠点である前後バランスの悪さがかなり改善されます。






d0120237_23351491.jpg





本来リヤシートのある場所はラヂエーター用の吸気ダクト。
また、画像には写っていませんがバッテリーもエンジンルームから車内中央へと移植されています。






d0120237_2339186.jpg





助手席の足元はエンジンルームへと繫がれ、後部移植したラヂエーターへと延びるパイプが走っています。





d0120237_23454446.jpg




もちろん火傷等の怪我防止の為にパイプにはパッドを巻きます。
また、ドライバーへの熱対策でボンネットに吸気ダクトを設け、ラヂエーターパイプと同じトンネルからドライバーへ風が当たる様に工夫されています。






d0120237_23495013.jpg






軽量化されたドアの内側にはプラ板が貼り付けられ、分かりにくいのですが気持ちばかりのピンが内側からドアを開けられるように設けられています。






d0120237_23555469.jpg






バンパーが取り付けられる前のフロント部。
かなりスッキリしています。





こうして07仕様に新しく生まれ変わったGTI-R。
だが本番一週間前でようやく車両が仕上がった状態。






つまり、




今年の24時間耐久レースでにはテスト走行はおろか、足回りのセッティング等もままならない状態で挑まなければならなくなったのです。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-23 00:19 | 準備

2回目の24時間耐久レース ~準備 その2~

ボディ補強を施された参戦車両の次の作業は、いよいよ今年最大の変更点ラヂエーター後部移植へと移行していきます。




ラヂエーターの後部移植というとかなり「異色な変更」と思われがちですが、意外とレースの世界では一般的らしいのです。



ラヂエーターの後部移植のメリットとして

・重量バランスの改善
・エンジンルーム内の冷却効果

と、GTI-Rの2大問題点であるフロント・ヘビーな重量配分と熱対策の両方を改善できます。


ただしその反面デメリットもありパイプの取り回し、ラヂエーターの熱抜け口の加工などかなり手を加えないといけません。






d0120237_19314625.jpg



リヤハッチやバンパー部をくり貫き、ラヂエーターの熱抜けの為の開口部を作ります。





d0120237_1934795.jpg





ラヂエーターを仮置きし、開口部のチェック、そしてまた開口部の追加工を繰り返し熱がキチンと抜けるようにします。





d0120237_1937512.jpg





ボードの切断加工。
GTI-Rはハッチバック車なのでラヂエーターを後部に移植すると実質車内に置くことになる為、安全対策でラヂエーターをボードで隔離します。





d0120237_19422897.jpg




ボードを仮組し大きさを確認します。




d0120237_1944918.jpg





リヤクオーター部の内側を切り抜き、ラヂエーターへ空気を送る風洞口を作ります。





d0120237_1946785.jpg





風洞パイプを繫げるとこんな感じになります。





d0120237_1947433.jpg





外からも風洞パイプの取り付け位置を確認。




d0120237_1949430.jpg




ラヂエーターの移植作業と平行してプラ段を加工し、むき出しになったドアの内張りを作ります。





d0120237_19511139.jpg






いよいよ外部にも着手。
見た目のボディカラーも昨年と違って変更されます。





だが、レース本番2週間前にもかかわらず、この段階ではまだエンジンには火が入っていない状況でした・・・・・




                 つづく
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-10 19:57 | 準備

2回目の24時間耐久レース ~準備 その1~

2006年7月に行われた「エビス 24時間耐久レース」に初参戦し初完走を果したパルサーGTI-Rオーナーズクラブの有志メンバーは、再び24時間耐久レースに参加し完走する為に車の製作に取り掛かりました。




2007年の24時間耐久レースの開催日程は6月2~3日。




車の製作に取り掛かった初日が5月13日。





一ヶ月切ってるじゃん!?




かなりの突貫作業を決行することとなる上に、今回参戦車両の変更箇所は
・車体の軽量化
・ボディ剛性の強化
・足回りの変更
・冷却系の強化
とテンコ盛り♪





しかも冷却系に関してはフロント部にあるラヂエーターを後部に移植するという大掛りなものでした。





それでは作業風景をご覧下さい。





d0120237_2113063.jpg





まずは車体の軽量化から。
ロールゲージも取り外され内張りすら外されて、車内はかなりスッキリしています。


しかし、ここからさらに軽量化の為に「余計なモノ」を取り外し、削り落としていきます。





d0120237_229694.jpg






ドアの内張りのさらに内側すら軽量化の為に切り落とします。





d0120237_2244663.jpg





軽量化された左側のドアです。




d0120237_2254686.jpg





右側のドアも同様に軽量化されます。





d0120237_2302712.jpg






車内ではダッシュボード下にあるヒーター等の空調装備も取り外します。





d0120237_2491599.jpg





軽量化を施すとこれだけ足元が広くなります。





d0120237_2395663.jpg





ドアやハッチ、窓の開口部の補強の為、スポット増しが施されます。





d0120237_2332528.jpg




ガラスも全て取り外され、開口部は全てスポット増しで補強します。






d0120237_2423631.jpg






GTI-Rのウイークポイントでもあるリヤショックのアッパー部を補強溶接します。





d0120237_321535.jpg





軽量化とスポット増しが終了したら、ロールゲージを組み付けます。






d0120237_332062.jpg




ロールゲージの各取り付け部をまず仮締めし、次に各部ガタ付きを確認しながら増し締めしていきます。





d0120237_36590.jpg





ロールゲージを組み付け終えたらAピラー、Bピラー、そしてフロアーの各取り付け部を溶接し、ボディ全体の剛性をアップさせます。






d0120237_395346.jpg





内側から見たBピラー部の溶接部とスポット増しの施した様子。




軽量化と補強を施されGTI-Rの骨組みが出来上がり、次の工程の冷却系の強化、今年の変更箇所の最大の山場となるラヂエーターの後部移植作業へと進んでいくのです。





               つづく
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-10 03:16 | 準備

2年連続完走!

エビス24時間耐久レース参戦2年目の今年、昨年同様完走することが出来ました!


応援してくれた皆さん、ありがとうございました!




今年は昨年とは違いトラブル続きで整備作業が忙しく、予定していたブログでタイムリーに報告することが思うように出来ませんでした。

大変申し訳ありませんでした。


後日改めて今年の24時間耐久レースの報告をアップします。
お楽しみに♪
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-04 01:24 | 報告

悪魔の囁き?

19時10分、メインストレートで一台の車が突然ストップ。それも止まったところがうちらのピットの前。何か嫌な予感が脳裏をよぎります。

そのようなふあんをよそにどんどん時間は過ぎてゆくんです。
赤パル♂氏から大川氏に交代し、無事に走り終えました。ここで大川氏は次の日が仕事の為、帰宅しました。
ブレーキパットの交換、タイヤのローテーション、給油をした後M310氏に交代しました。どうやら彼の本来の走りが復活したようです。
そしてトミー氏にチェンジ。この間にもハブのがたつきはどんどん悪化しているのでした。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-03 12:13 | 報告

トラブル発生

2日17:20

大川氏からキンパル氏へドライバ・チェンジ。

18:00頃アクシデント発生の為セーフティー・カーが再びコース上に。
その間に給油作業とキンパル氏からよーへい氏へとドライバーチェンジ。

ただし、この時右フロントハブからガタが出始める。

18:50
よーへい氏から赤パル♂氏にドライバーチェンジ。

辺りは暗くなり、気温が下がり始める。

ここで赤パル♂氏が見せ場を作る。
去年青山氏が33Zをホームストレートから第一コーナーの飛び込みでパスしたように、今年は赤パル♂氏がS13エンドレスシルビアをパス!
こちらはラジアルタイヤのネオバに対し、相手はSタイヤ。

まだまだGTI-Rにも戦闘力があります!
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-03 10:34 | 報告

24時間耐久レース スタート

6月2日16:00
いよいよ決勝レース、スタート!


各車両隊列を組んでコースを一周回ってからのローリングスタート。
ファースト・ドライバーは青山氏。
スタート・グリッドは12番目。

つまり最後尾である。

しかし、レース開始わずか6周目でセーフティー・カーが入る。
原因はシルビアの燃料系トラブルが原因らしい。


16:00
レース再開。

順調に周回数をこなし、1分14秒台を維持しながら
16:45第2走者のドライバー、大川氏にトライバーチェンジ。


順位はまだ12位、最下位である。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-03 06:26 | 報告

公式予選2回目

12時45分、二回目の公式予選が始まった。
1回目でいいタイムがでたことと、タイヤがへたり気味だったので、まだ走行してない人が走ることとなりました。
最初に走ったのはキンパル氏。そしてM310氏、渡辺氏と続いて無難に走り終えました。
さて、去年素直に通過出来なかった予選、今年はどうだったかというと、正直に言って通過出来なかったんです。あとコンマ一秒だったそうです。ただ今回は嘆願書書かなくてもよかったんですよ。まあいろいろあったみたいですけどね。
今回はレベルが相当高いみたいです。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-02 17:49 | 報告

公式予選1回目

11時30分、公式予選1回目が始まった。最初のドライバーは青山氏。初め、3周を走行後空気圧の調整でピットイン。その後もしばらく青山氏が走行しました。
そして、二番手に雀鬼ー氏にバトンタッチ。が、しかし1台がコースアウトしてしまい、レッドフラッグ。
10分後、レース再開。その時には赤パル♂氏にバトンタッチしていた。そして、1分10秒台でベストラップを叩き出した。

予選2回目に続く。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-02 17:04 | 報告

フリー走行

おはようございます。
8時に受付を終了して、8時30分~9時30分までフリー走行をしました。
走行したのは、順番に、大川さん、トミーさん、EASTさん、よーへいさん、赤パル♀さんの順で無事に走行しました。
その後ブリーフィング中、顔合わせをしました。
車検も無事に終わり、予選の準備をしているところです。
[PR]

  by pulsar_14 | 2007-06-02 11:05 | 報告

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE