2007年 24時間耐久レースレポート ~その1~

「すでにハブのガタが出だしたよ(´Д`;)」






2007年6月2日1800時、私の携帯にそんなメールが届いた。
メールを送ってきたのは24時間耐久レース参戦チームのチーフメカニックを勤める@大氏からだ。







この時私はまだ会社にいて、ちょうど帰る準備をしているところだった。



この日、パルサーGTI-Rオーナーズクラブの有志メンバーで編成された”24時間耐久レース参戦チーム”は早朝から福島県二本松市にあるエビスサーキット西コースで開催されている24時間耐久レースにエントリーしていた。



そして、私も仕事が終わり次第タントで現地に向かう予定だった。




24時間耐久レースのスタートは1600時。



スタートして僅か2時間程度でフロントハブにガタが出ている!?
正直、現地の様子が把握出来ていなかったので理解しがたいメールの内容だった。




エビスサーキットで行われる24時間耐久レースでは、スタートして10時間経過後に1時間のピットストップが義務付けられている。
当初の予定ではそのときの整備でフロントハブを交換すれば、24時間走り切れる計算。




しかし、スタートして僅か2時間程度でフロントハブがダメになるのでは、フロントハブを2度交換しなければならなくなる。





”予備のフロントハブは1セットしか持っていってないはず・・・・”





私がこれから現地に向かうというのに、現地に着いたらコース上から自分のチームのレース車両がいなくなっているのでは堪ったものではない。
私は励ます意味も込めて
「泣き言なんて聞きたくないね。
 とにかく私が到着するまで車をコース上で走らせといてくれ。」
と少々キツイ返信をした。






会社を出てすぐに首都高に載ると、今度は@親方から電話がかかってきた。




「ごめん!
 寝板とブレーキローターを忘れて来ちゃったから工場に寄って持ってきて!」












・・・・・・・・・・・。










マジッ!?







首都高から東北自動車道ルートを使えば会社からエビスサーキットまで約4時間半。
それが茨城県築西にある@親方の工場経由で行くと・・・・・








とにかく出来る限り急いで行くしかなかった。












私が@親方の工場経由でエビスサーキットに向かっている時、現地ではさらに次の問題が発生していた。











私が現地に到着したのが日付も変わった6月3日の0100時を過ぎた頃だった。






まずピット裏にタントを停め、工場から持ってきたブレーキローターや寝板を下ろしているとチーフメカニックの@大氏が手伝いに来た。






「おいちゃんが来るまでちゃんと約束通りコース上に車を走らせといたよ。これで俺の役目は終わったろ?」
と@大氏が言ってきた。
私は、
「あぁ、ご苦労様。だから今度はちゃんと車がチェッカーフラッグを受けるまで頑張ってくれ。」
と応えた。
「おいおい、約束が違うよ!」
と@大氏が言ったので私は、
「契約は自動更新なんだ。言わなかったっけ?」
と笑いながら応えた。



「おっさん!ずりぃ~よ!!」
「つべこべ言わずに最後まで付き合えって。」



お互い笑いながらそんなやり取りをし、ピットへ荷物を持って行った。





荷物を降ろしタントを第2パドックに停め再びピットに戻りホームストレートで各レース車両の走りを見ていると、各メンバーから次々とやってきてそれまでの報告が告げられてきた。





そしてGTI-Rがホームストレートを走り抜けると同時に、エンジンが不調であることが告げられた。





私たちの前を走り抜けていくGTI-Rの排気音はまさにスバルのボクサーエンジンのような”ボロボロボロボロ・・・・”という音に変わっていた。






その時点までの対処として点火系の部品、スパークプラグやプラグコード、デストロビューターまで変えたという。
しかし、エンジンの不調子は変わらないままだった。







6月3日 0200時



私たちのチームはどこのチームよりも早くスタートから10時間経過した時点での1時間のピット作業に入ることを決定した。





                          
                               つづく
[PR]

  # by pulsar_14 | 2008-05-06 17:16 | 報告

2007年 24時間耐久レース  ~プロローグ~

2007年6月2日
福島県二本松にあるエビスサーキット西コースで2006年の初開催に引き続き、二度目の24時間耐久レースが行われた。




そして我々パルサーGTI-Rオーナズクラブの有志で創られた「24時間参戦チーム」も、一回目の”苦労”に懲りず、再びこのエビスサーキットの24時間耐久レースに参戦を表明した。









完走した感動を再びあじわう為に・・・・・







2007年24時間耐久レースの参加メンバーは

・EAST        北関東支部
・渡辺         北関東支部
・赤パル♂      北関東支部
・赤パル♀      北関東支部
・M310        北関東支部        
・雀鬼ー        北関東支部
・よーへい      東海支部
・トミー         東海支部
・青山         南関東支部
・大川         南関東支部
・キンパル       南関東支部
・JINN        南関東支部


サポート隊
・大(メカニック担当)  北関東支部
・しお(メカニック担当) 南関東支部       
・ホッシィ        北関東支部
・ま~          北関東支部
・紫大好き!      南関東支部
・ヤッシー        東北支部
・のびすけ        東北支部



今回は去年2006年の参加メンバーに加え新たに北関東支部の@M310と東海支部から@トミーの2名が加わり、ドライバーの布陣は去年よりも心強いものとなった。




参戦車両も第一回のノーマル仕様ではなく徹底した軽量化やボディ補強、ラヂエーターを後方に移植するなど大幅なモデファイを施し、強力な戦闘力も手に入れた。



昨年は予選通過のタイムを出すことが出来ず、嘆願書を提出しての決勝本戦の走行だった。
その反省から今回は予選アタック用に3名の選抜チームを編成。
その選抜メンバーのみが予選でSタイヤを装着、正式な予選通過を目指した。




現地ではまず手分けしてパドックを設営。
大所帯のためピットのある第一パドックだけでなく駐車場のある第二パドックにもテントを設営し、各メンバーの食堂兼休憩所として使うためだ。






第一パドックの設営と同時に参戦車両の準備を平行して行う。









d0120237_519499.jpg







d0120237_519681.jpg










レースに参加するにあったってレギュレーション(車の改造範囲)が決まっており、きちんととレギュレーション通りに車両が創られているか車検を受けなければならない。








d0120237_5222325.jpg








d0120237_5224551.jpg










大幅に改良された車両だけに検査官から質問が浴びせかけられるが、その辺は車両の製作総指揮を執った我がチームの監督、@親方が言葉巧みにかわしていく。





そして車検合格!





これでレースに参加する権利を得たこととなる。







6月2日10:00 練習走行開始





練習走行に最初に飛び出したのは@大川。
後に発覚したのだが、この時メンバーが持ってきた古いSタイヤを装着しており、ろくにタイヤが温まらないうちにアクセルを踏み込み始めた@大川は第一コーナーを抜けた後のシケインでスピンしてしまった。






本人曰く
「安藤美紀ばりに回転しちゃいましたよ♪」






コース上でスピンしただけなので車両にはダメージはなく大事には至らなかったが、まったく懲りない男である。




その後初めて参加する@M310、@トミーと走行し、一時間の練習走行が終了。
いよいよ選抜チームによる第一予選に挑むこととなった。





選抜チームは
・赤パル♂
・青山
・雀鬼ー
の3名
選抜の基準は”レース経験者”でSタイヤに慣れていること。
そして”タイムが出せること”。








6月2日13:00 第一予選開始






選抜チームの第一走者は@赤パル♂。
数周をそこそこのラップタイムを刻んだ後に、今回参加メンバーの中ではベストラップとなる1分10秒台をマーク!
今年は予選通過の感触をその場にいたメンバー全てが感じていた。








しかし、この時予選通過の基準を我々は勘違いをしていた。








実は予選通過の基準はクラスベストラップの110%のタイムか、全体のベストタイムの114%を切るタイムでないといけないのだが、この後ベストラップは次々と更新され@赤パル♂がマークしたベストタイムは基準を満たせなくなっていた。







そうとも知らず我々は第二予選の時間を各メンバーの練習走行に使ってしまっていた。







そして、








予選通過タイムを満たしていない事に気が付いた時には第二予選も終了し、予選結果が出た時だった。





我々はまたしても嘆願書を24時間耐久レース主催者に提出することとなった。










第二予選予選終了後、再び決勝本戦への走行の為に車検を受けなければならない。
だが二度目の車検は最初の車検よりは厳しくなく、車両の下回りでオイル漏れ等が無いか、チェックする程度。




問題なく二度目の車検はパスすることが出来た。






6月2日15:30 決勝本戦開始30分前








各車両がピットを出発しゆっくりとコースを一周し、各スタートグリットへと収まっていく。







我々の車両の納まるグリットは13番グリット。
最後尾である。






d0120237_5241123.jpg










d0120237_5244497.jpg












前回第一回はスターティングドライバーは@雀鬼ーだったが、今回は@青山が務めた。










6月2日15:53   カウントダウンが始まる。







この辺りからスタートグリット一帯を緊張感が包み込む。
明るく笑いながら会話していた各チームのメンバー達からも笑顔が消え、表情に緊張感が見え始める。





6月2日15:55   各チーム車両をスタートグリッドに残し、ピットレーンの内側へと退避していく。




ホームストレートとピットレーンを分けるガードレールの内側から自分のチームの車両を心配そうに見つめなければならない緊張と不安と期待が入り混じった空気が、その場にいる人達を包み込む。






6月2日15:58   ローリングラップが始まり、オレンジ色のペースカーを先頭に各車両がゆっくりとスターティンググリットの順に並んで走り始める。






エビスサーキットの西コースは高低差が約70mもあり第一コーナーを抜けた後下り、最終コーナーからホームストレートは一気に上りながら走り抜ける。





一度遠くまで行っていた各車両のエキゾーストがスタートラインへと戻ってくる。
ピットからは最終コーナーが高低差の為見えないのでそのエキゾーストだけが各車両の存在を誇示し、高回転の甲高い音へと変わっりホームストレートに迫ってくる時、場内の緊張感は最高潮へと登り詰める。






ペースカーがピットレーンへと入って行く。





ホームストレートのメインポストのオフィシャルが大きく日章旗を振りはじめた。








6月2日16:00   第二回24時間耐久レーススタート!!







各車両が甲高いエキゾーストノートを響かせながら駆け抜けて行く。









その時、その場にいる誰もが願うこと。








第一コーナーを無事に走り抜けられますように・・・・・・









ホームストレートを駆け上がってきた各車両が一斉に第一コーナーへと飛び込んでいく。
そして我がチームの参加車両、赤と黒のツートンカラーのパルサーGTI-Rも第一コーナーへと飛び込んでいく。








緊張感が安堵感へと変わる瞬間。







全車両クラッシュもトラブルもなく第一コーナーを駆け抜け、パドック裏のシケイン、そしてバックストレートへと下っていく。






ピットレーンにいた人達の緊張感で強張った表情が安堵感の笑顔へと変わり、各ピットへと戻っていった。








スタートが上手くいけばレース自体は各車両に特別大きなトラブルさえ起きなければ、後は時間の経過を待つだけ。





だが、何も起こらない事は耐久レースにおいてまず無いと言える。






スタート後の様子を撮った映像ではマフラーから黒鉛を吐くパルサーGTI-Rが映っていた。








これが今回の24時間耐久レースで我々を苦しめる一番の原因となる事を、この時ままだ誰も気が付いていなかった。






               つづく
[PR]

  # by pulsar_14 | 2008-03-23 05:27 | 報告

2回目の24時間耐久レース ~準備 その3~

エビスサーキットで行われる24時間耐久レースの一週間前、私達が乗るGTI-Rはまだエンジンに火が入っていない状態でした。




しかし、親方が連日仕事上がりの後に、夜な夜な作業を行ってくれていたお陰で走り出せる寸前まで07年使用のGTI-Rは出来上がっていました。






d0120237_2372320.jpg




06仕様で真紅のボディは上半分がシャシーブラックに染まり、どこか”風格”が漂っています。
そして後部に移植したラヂエーター用の吸気口がドアのすぐ後ろに穿たれています。





d0120237_2324978.jpg





リヤハッチには後部に移植したラヂエーター用の排気口が大きく開けられています。





d0120237_23311834.jpg





リヤハッチを開けるとラヂエーターが鎮座しています。
これでエンジンルーム内に残っていた重量物が後ろに置かれ、GTI-Rの欠点である前後バランスの悪さがかなり改善されます。






d0120237_23351491.jpg





本来リヤシートのある場所はラヂエーター用の吸気ダクト。
また、画像には写っていませんがバッテリーもエンジンルームから車内中央へと移植されています。






d0120237_2339186.jpg





助手席の足元はエンジンルームへと繫がれ、後部移植したラヂエーターへと延びるパイプが走っています。





d0120237_23454446.jpg




もちろん火傷等の怪我防止の為にパイプにはパッドを巻きます。
また、ドライバーへの熱対策でボンネットに吸気ダクトを設け、ラヂエーターパイプと同じトンネルからドライバーへ風が当たる様に工夫されています。






d0120237_23495013.jpg






軽量化されたドアの内側にはプラ板が貼り付けられ、分かりにくいのですが気持ちばかりのピンが内側からドアを開けられるように設けられています。






d0120237_23555469.jpg






バンパーが取り付けられる前のフロント部。
かなりスッキリしています。





こうして07仕様に新しく生まれ変わったGTI-R。
だが本番一週間前でようやく車両が仕上がった状態。






つまり、




今年の24時間耐久レースでにはテスト走行はおろか、足回りのセッティング等もままならない状態で挑まなければならなくなったのです。
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-23 00:19 | 準備

2回目の24時間耐久レース ~準備 その2~

ボディ補強を施された参戦車両の次の作業は、いよいよ今年最大の変更点ラヂエーター後部移植へと移行していきます。




ラヂエーターの後部移植というとかなり「異色な変更」と思われがちですが、意外とレースの世界では一般的らしいのです。



ラヂエーターの後部移植のメリットとして

・重量バランスの改善
・エンジンルーム内の冷却効果

と、GTI-Rの2大問題点であるフロント・ヘビーな重量配分と熱対策の両方を改善できます。


ただしその反面デメリットもありパイプの取り回し、ラヂエーターの熱抜け口の加工などかなり手を加えないといけません。






d0120237_19314625.jpg



リヤハッチやバンパー部をくり貫き、ラヂエーターの熱抜けの為の開口部を作ります。





d0120237_1934795.jpg





ラヂエーターを仮置きし、開口部のチェック、そしてまた開口部の追加工を繰り返し熱がキチンと抜けるようにします。





d0120237_1937512.jpg





ボードの切断加工。
GTI-Rはハッチバック車なのでラヂエーターを後部に移植すると実質車内に置くことになる為、安全対策でラヂエーターをボードで隔離します。





d0120237_19422897.jpg




ボードを仮組し大きさを確認します。




d0120237_1944918.jpg





リヤクオーター部の内側を切り抜き、ラヂエーターへ空気を送る風洞口を作ります。





d0120237_1946785.jpg





風洞パイプを繫げるとこんな感じになります。





d0120237_1947433.jpg





外からも風洞パイプの取り付け位置を確認。




d0120237_1949430.jpg




ラヂエーターの移植作業と平行してプラ段を加工し、むき出しになったドアの内張りを作ります。





d0120237_19511139.jpg






いよいよ外部にも着手。
見た目のボディカラーも昨年と違って変更されます。





だが、レース本番2週間前にもかかわらず、この段階ではまだエンジンには火が入っていない状況でした・・・・・




                 つづく
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-10 19:57 | 準備

2回目の24時間耐久レース ~準備 その1~

2006年7月に行われた「エビス 24時間耐久レース」に初参戦し初完走を果したパルサーGTI-Rオーナーズクラブの有志メンバーは、再び24時間耐久レースに参加し完走する為に車の製作に取り掛かりました。




2007年の24時間耐久レースの開催日程は6月2~3日。




車の製作に取り掛かった初日が5月13日。





一ヶ月切ってるじゃん!?




かなりの突貫作業を決行することとなる上に、今回参戦車両の変更箇所は
・車体の軽量化
・ボディ剛性の強化
・足回りの変更
・冷却系の強化
とテンコ盛り♪





しかも冷却系に関してはフロント部にあるラヂエーターを後部に移植するという大掛りなものでした。





それでは作業風景をご覧下さい。





d0120237_2113063.jpg





まずは車体の軽量化から。
ロールゲージも取り外され内張りすら外されて、車内はかなりスッキリしています。


しかし、ここからさらに軽量化の為に「余計なモノ」を取り外し、削り落としていきます。





d0120237_229694.jpg






ドアの内張りのさらに内側すら軽量化の為に切り落とします。





d0120237_2244663.jpg





軽量化された左側のドアです。




d0120237_2254686.jpg





右側のドアも同様に軽量化されます。





d0120237_2302712.jpg






車内ではダッシュボード下にあるヒーター等の空調装備も取り外します。





d0120237_2491599.jpg





軽量化を施すとこれだけ足元が広くなります。





d0120237_2395663.jpg





ドアやハッチ、窓の開口部の補強の為、スポット増しが施されます。





d0120237_2332528.jpg




ガラスも全て取り外され、開口部は全てスポット増しで補強します。






d0120237_2423631.jpg






GTI-Rのウイークポイントでもあるリヤショックのアッパー部を補強溶接します。





d0120237_321535.jpg





軽量化とスポット増しが終了したら、ロールゲージを組み付けます。






d0120237_332062.jpg




ロールゲージの各取り付け部をまず仮締めし、次に各部ガタ付きを確認しながら増し締めしていきます。





d0120237_36590.jpg





ロールゲージを組み付け終えたらAピラー、Bピラー、そしてフロアーの各取り付け部を溶接し、ボディ全体の剛性をアップさせます。






d0120237_395346.jpg





内側から見たBピラー部の溶接部とスポット増しの施した様子。




軽量化と補強を施されGTI-Rの骨組みが出来上がり、次の工程の冷却系の強化、今年の変更箇所の最大の山場となるラヂエーターの後部移植作業へと進んでいくのです。





               つづく
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-10 03:16 | 準備

2年連続完走!

エビス24時間耐久レース参戦2年目の今年、昨年同様完走することが出来ました!


応援してくれた皆さん、ありがとうございました!




今年は昨年とは違いトラブル続きで整備作業が忙しく、予定していたブログでタイムリーに報告することが思うように出来ませんでした。

大変申し訳ありませんでした。


後日改めて今年の24時間耐久レースの報告をアップします。
お楽しみに♪
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-04 01:24 | 報告

悪魔の囁き?

19時10分、メインストレートで一台の車が突然ストップ。それも止まったところがうちらのピットの前。何か嫌な予感が脳裏をよぎります。

そのようなふあんをよそにどんどん時間は過ぎてゆくんです。
赤パル♂氏から大川氏に交代し、無事に走り終えました。ここで大川氏は次の日が仕事の為、帰宅しました。
ブレーキパットの交換、タイヤのローテーション、給油をした後M310氏に交代しました。どうやら彼の本来の走りが復活したようです。
そしてトミー氏にチェンジ。この間にもハブのがたつきはどんどん悪化しているのでした。
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-03 12:13 | 報告

トラブル発生

2日17:20

大川氏からキンパル氏へドライバ・チェンジ。

18:00頃アクシデント発生の為セーフティー・カーが再びコース上に。
その間に給油作業とキンパル氏からよーへい氏へとドライバーチェンジ。

ただし、この時右フロントハブからガタが出始める。

18:50
よーへい氏から赤パル♂氏にドライバーチェンジ。

辺りは暗くなり、気温が下がり始める。

ここで赤パル♂氏が見せ場を作る。
去年青山氏が33Zをホームストレートから第一コーナーの飛び込みでパスしたように、今年は赤パル♂氏がS13エンドレスシルビアをパス!
こちらはラジアルタイヤのネオバに対し、相手はSタイヤ。

まだまだGTI-Rにも戦闘力があります!
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-03 10:34 | 報告

24時間耐久レース スタート

6月2日16:00
いよいよ決勝レース、スタート!


各車両隊列を組んでコースを一周回ってからのローリングスタート。
ファースト・ドライバーは青山氏。
スタート・グリッドは12番目。

つまり最後尾である。

しかし、レース開始わずか6周目でセーフティー・カーが入る。
原因はシルビアの燃料系トラブルが原因らしい。


16:00
レース再開。

順調に周回数をこなし、1分14秒台を維持しながら
16:45第2走者のドライバー、大川氏にトライバーチェンジ。


順位はまだ12位、最下位である。
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-03 06:26 | 報告

公式予選2回目

12時45分、二回目の公式予選が始まった。
1回目でいいタイムがでたことと、タイヤがへたり気味だったので、まだ走行してない人が走ることとなりました。
最初に走ったのはキンパル氏。そしてM310氏、渡辺氏と続いて無難に走り終えました。
さて、去年素直に通過出来なかった予選、今年はどうだったかというと、正直に言って通過出来なかったんです。あとコンマ一秒だったそうです。ただ今回は嘆願書書かなくてもよかったんですよ。まあいろいろあったみたいですけどね。
今回はレベルが相当高いみたいです。
[PR]

  # by pulsar_14 | 2007-06-02 17:49 | 報告

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE